トップページ > 品質管理・安全性

直前のページに戻る直前のページに戻る

自然のままの美しさを保つクリティア

クリティア25(CLYTIA25)の結晶

これは何だと思いますか?

実はこれはクリティアの結晶です。クリティアを凍結させ電子顕微鏡で見ると、このような美しい結晶が数多く見られます。自然のままの美しさを保っているからこそ、このように美しくて整った形をしているのです。

汚染されている水は結晶が崩れていると言われ、たとえ浄水器を使って綺麗にしても結晶自体は元には戻りません。

クリティアの水宅配は、美しい結晶を持つ富士山の天然水を出荷するその日に地下から汲み上げ、非加熱・無加工で新品ボトルに密封してお届けしています。


クリティアのお申込み

非加熱でも許される品質管理と清浄度

クリティアの工場は富士箱根伊豆国立公園の広大な自然に守られた場所にあります。

通常、飲料水は加熱処理が義務付けられています。しかしクリティアは自然の恵みをそのままにお届けするため、非加熱でご提供しています。非加熱処理が許される理由の一つ、それは原水が綺麗であることです。クリティアの原水は富士山の恵みを受けた最高水準の清浄度です。

クリティアの生産工場

クリティアのお申込み

徹底した品質管理

クリティアが非加熱処理を実現したもう一つの理由、それは徹底した品質管理にあります。クリティアは病院のクリーンルームと同等の高レベル「クラス100」の施設で天然水を生産・充填(ボトリング)しています。「クラス100」のクリーンルームとは、1立方フィート内の雑菌数が100以下という清浄度を保った空間です。

工場内 工場内
工場内 工場内
クリティア25(CLYTIA25)のボトルが入った箱 出荷
クリティアのお申込み

▲ページの先頭に戻る